検査・分析機器メーカーJ社 市場不具合と要求仕様の漏れからクレームに・・・。根本的な問題を解決した上流工程検証とは?

背景

検査・分析機器メーカーJ社では、リリースした製品に対する市場不具合や、過去の製品で出ていた要望が現行製品に反映されていないという製品仕様に対するクレームに悩まされていました。

課題・問題

市場不具合からクレームに。要求されている仕様も満たせず・・・

画像現行製品は、最終テスト段階での変更や開発段階の確認漏れが多発しギリギリまで対応に追われましたが、リリースを優先した結果、市場投入後に不具合が発覚してしまいました。
「開発にあたり、お客様へのヒアリングを行っていましたが、要望は多岐に渡り、すべてに対応することは困難でした。結果としてクレームにまで発展してしまい、対応には苦慮していました・・・」と、開発担当のT氏は語ります。

次期製品は要求漏れや不具合を出してはいけない

次期製品では過去の失敗を繰り返さないように、前の開発で発生した問題点の洗い出しに着手しました。しかし、分析のポイントを絞ることができずに、根本的な問題は解決できずにいました。

「開発者を集めて何度も問題点の洗い出しを行いましたが、原因の特定ができないため対策の策定に至らず、途方にくれていました。しかも、新製品は研究開発や医療分野でも使用されるため、仕様書や各種ドキュメント類についても高い精度が求められ、内容を検討しなければなりませんでした。問題は山積みでどこから手をつけていいか分からず・・・」(T氏)

課題・問題のポイント

  • 市場不具合と製品仕様についてクレームが発生していた

  • 開発段階での問題点が特定できず対策を講じることができない

  • 研究開発や医療分野でも使用されるため、高い精度の仕様書や各種ドキュメント類が求められる

12