測定機器メーカーE社 テスト自動化を検討。でも自社にとって本当にメリットはあるの?自動化メリットの明確化、最適なツール導入サポートで、効果的なテスト自動化に成功した方法。

背景

近年、製品ライフサイクルの短命化により、開発工程においては、より一層のテスト期間短縮とコスト削減が求められており、品質管理部門には過度の負担がのしかかっている。こうした状況を打開する手段として注目されているのが「テスト自動化」による効率向上である。しかし、自動化の方法やメリットはさまざまであり、工程の見直しや自動化する項目の振り分け、ツールの選択など、効率化実現までには多くのハードルが存在する・・・。

課題・問題

膨大なテスト工程で品質管理部の負荷が限界に!テストの自動化を検討するが・・・

画像オシロスコープや信号発生器等、各種電子測定器の製造販売を行うE社では、半年前にとあるパワーデバイス測定機器の新モデルをリリースし、好調な売れ行きを見せました。

数ヵ月後にはマイナーチェンジが予定されていましたが、品質管理部長のM氏は「リリース前のことを思い出すとゾッとしました」と語ります。というのも、開発の際、受入テスト工程に膨大な工数とコストを費やしていたのです。
「すべて人手に頼っているため、10,000項目ほどのテストを無事にクリアさせる苦労は並大抵のものではありませんでした」(M氏)

短い開発期間に加え、厳しいコスト削減要求が品質管理をさらに困難な状況に追い込んでいました。そこでM氏は、「自動化」によるテストの効率アップに注目し、ツールの導入を検討しました。しかし、ここでいくつかの問題に直面することに・・・。

「自動化」メリットが本当にあるのか判断できず、ツールの選び方もわからない・・・

問題のひとつは、自動化による具体的なメリットが判断できない点でした。
「効率化への漠然とした期待はあっても、自動化が実際どの程度のコスト削減や工数削減に結びつくのか、具体的な数字が出せませんでしたし、数あるテスト項目のうち、どれを自動化するべきかの判別もできませんでした」(M氏)

また、仮に自動化による有効性が判明したとしても、ツールには有償無償を含め、価格や機能面で無数のバリエーションがあるため、どれを選択すべきかが分かりません。

「とはいえ、前回のように手作業に依存しているままでは、モデルチェンジや不具合対応の都度、膨大なコスト/工数を費やすことになり、生産性を高められません。また、手作業は個人のスキルに依存するところが大きいため、品質のバラツキや、ミスによる重大な不具合が発生する可能性も考えられました・・・」(M氏)

課題・問題のポイント

  • 人手に頼ったテストではコスト/工数が限界、ミスや品質のバラツキも懸念

  • 自動化により、どの程度コスト/工数削減に結びつくのかがわからない

  • 数あるテスト項目から自動化にふさわしい項目を切り分けられず

  • 多種多様のツールから最適の機種を選択するノウハウがない

12