ホームコラムテストリソースを“必要な時に必要なだけ”活用―コスト抑制と効率アップを実現。

テストリソースを“必要な時に必要なだけ”活用―コスト抑制と効率アップを実現。品質に対し逆提案も行うプロフェッショナル集団「レディーステスター」とは

テスト実行に特化したオンデマンド型人材サービス

「レディーステスター検証」は、プロフェッショナルの女性テスターを時間単位で安価に活用できる人材サービスです。オンデマンドで「必要な時に、必要な分だけ」テストリソースを利用することにより、人手と時間を必要とする“テスト実行”業務について、作業効率アップと大幅なコスト削減が可能となります。

テスターはすべて、第三者検証専門会社のノウハウに基づく独自の育成プログラムにより十分に知識と実務スキルを磨いた、即戦力の人材です。女性ならではの繊細・綿密な視点は、情報家電の検証を中心に大きな成果を上げています。

高額な設備コストや、短い開発期間-テスト実行の負担から解放!

検証作業は製品の信頼性を左右する大切な業務ですが、厳しい市場競争にさらされる多くの企業にとって、その大きなコストは重い負担となっています。

特にここ数年、「Android(アンドロイド)」を採用したスマートフォンやタブレット端末の爆発的な普及によって、その機種も急増。ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)は、いまや40種類以上の端末において接続を検証する必要に迫られています。しかし多くの場合、社内のリソースでは作業が追いついていないのが現状です。

検証設備の導入には1,000万円近くかかるため、多くの企業にとって検証作業を容易に内製化できない原因となっています。キャリア側は端末本体を貸し出す検証センターを設けていますが、利用できるのは一部の懇意なベンダのみというのが実情のようです。

※40機種×3世代分のAndroid OS/120台の端末+回線料金で試算

ASPに限らずあらゆる製品の提供元では、品質可視化のためエビデンスの提出が必須となっていますが、

  • テスト項目等の追加・修正などを実施している余裕がない

  • 自社内での作業場所の確保・テスター管理等に対応できない

  • 品質を上げるためのデータを取得、分析している時間がない

など、時間やコストなどのリソース不足について悩んでいるケースは多いと思われます。「レディーステスター検証」は、こうした課題を解決するユニークなサービスとして、多くの企業に活用されています。

モニターとテスターの違いとは?

「レディーステスター」は、即戦力のテストスキル、テスト観点を備えたテスター集団です。登録しているテスターは、テスト経験者、開発経験者、テクニカルライターなど様々なバックグラウンド・スキルを持つ女性たち。スピーディーかつ正確なテストパフォーマンスにより、機能、非機能要件含み1日当たり90件~120件のテストの実行が可能です。

各エンジニアはその実績とスキルによりランク分けされており、たとえば最上位のレベルでは、“テスト詳細設計”から“テスト実行”、“不具合切り分け”、“不具合報告”までを自ら判断し実行することが可能です。また、即戦力として活用できるため、検証フェーズの立ち上がりが早く、多くの企業において開発期間の短縮に貢献しています。

検証作業の際には、与えられたテストケース(テスト手順書)だけでなく、テストケース外の点においても「ここはおかしい」「ここはもっとこうした方が」などの問題点・改善点を自主的に抽出・発見し、逆提案することができます。こうしたテスト観点への柔軟な対応は、高い検証リテラシーがあってこそのものです。

ここが、いわゆるモニターとテスターの明確な差です。モニターはいわばアマチュアであり、作業は主観に陥りがちですが、テスターはプロフェッショナルとして、常に問題を俯瞰的・客観的に捉えることができるのです。

不具合検出率180%、コスト40%ダウンの実績!ASPからメーカーまで様々な企業が採用

こうした高いテストスキルによって、「レディーステスター」は派遣先の様々な企業から高評価を得ています。ASPからポータルサイト運営会社、メーカーなど幅広い企業においてテストを実行しており、対象の製品も携帯電話/スマートフォン向けコンテンツからPOSシステム、車載機器、組み込み製品など広範囲にわたっています。その際には、毎日常駐から週1回、月2回、またはスポット検証のみなど、各社の都合に合わせ柔軟に活用いただいています。

あるクライアント企業のケースでは、「不具合検出率」がそれまでの社内作業に比べ180%アップ(過去6か月比較)。加えて、非機能、例外処理といった仕様検討漏れも明らかになりました。またコスト面でも、内製と比較し40%ダウンという実績を残しています(過去6か月平均/運用後の問い合わせや対応を含む)。

これまで社員に任せていた検証を「レディーステスター」に置き換えれば、コスト削減、業務効率向上を実現できるだけでなく、イレギュラーな発注により人手が足りなくなる心配もありません。また、検証作業を「実はやっていなかった」という不祥事も未然に防ぐこともできるでしょう。

「レディーステスター」実績

PC系

1.PCバンドル版アプリケーション検証

  • サードパーティ製アプリケーション

  • インストーラー・機能検証

  • 30S13エディションの動作確認

2.PC周辺機器接続検証

【パッケージ系】

  • POP作成アプリケーションリリース検証

  • 30Sの基本動作確認・複合機ドライバ整合確認

【ダウンロード系】

  • Widgetアプリケーションリリース検証

  • 40S・5エディションによるメーカー受入試験と機能検証

携帯・スマートフォン

1.スマートフォンアプリケーション検証

  • Google、iPhoneカレンダー連携アプリケーション

  • Twitter連携アプリケーション

  • 動画アプリケーション

  • 業務用Webアプリケーション

2.携帯コンテンツ検証

  • きせかえコンテンツ携帯互換検証

  • 音楽コンテンツダウンロードサイト携帯互換検証

「レディーステスター」によるテスト実行導入企業

企業

案件内容

対応

携帯電話向けモバイルコンテンツ企画・開発会社

携帯電話向けコンテンツ検証

毎日常駐

携帯電話向けモバイルコンテンツ企画・開発会社

携帯電話向けコンテンツ検証

月2日

大手メーカー製品全般の開発・品質保証会社

組み込み製品の検証

毎日常駐

POSレジ、POSシステム企画・開発会社

POSシステム検証

毎日常駐

モバイルソリューションの開発会社

Webアプリケーションの携帯端末検証

週1日毎週

Webサイト支援ソリューション企画・開発会社

Webアプリケーションの携帯端末検証

月4日スポット対応

大手インターネットポータルサイト

ポータルサイトアプリ検証

毎日常駐

車載機器の企画・開発・製造会社

車載機器検証

毎日常駐

大手エンターテインメント機器・コンテンツ企画・開発会社

エンターテインメント機器検証

毎日常駐

国内有名インターネットサービスプロバイダ

携帯電話向けコンテンツ検証

受託

国内有名家電メーカー

スマートフォンアプリ検証

受託(1回1~3日スポット対応)

法学・経済学に特化した出版社

Webコンテンツ検証

受託(スポット対応)

事業プロセスをサポートするソリューション提供会社

Webコンテンツ検証

受託(スポット対応)

1