POSシステム開発ベンダー 株式会社プラネット様 第三者検証サービスの専門家だからこそ社内のテストスキルの向上に加えて上流工程の品質向上を同時に実現。

流通や小売業界向けのシステム開発などを行う株式会社プラネットでは、製品に関してより高い品質の確保を目指して、新規のPOSシステム開発プロジェクトにヴェスの第三者検証サービスの導入を決断しました。
社内のテストスキルの向上と、テスト結果のフィードバックによる設計品質の向上を同時に実現できたと話す株式会社プラネットシステムソリューション事業本部 製品管理本部 本部長の三木規史氏に導入の背景やサービス選択のポイントなどをうかがいました。

BEFORE
ベテラン技術者ゆえの
暗黙知・非言語化ノウハウの増加
開発者目線のテスト構成になりがち
テスト段階からの手戻りの増加
AFTER
設計品質の向上による手戻りの大幅削減
外部ノウハウを取り入れ、テストスキルが向上
開発部門と検証部門のコミュニケーションの円滑化

導入前の課題

カスタマイズが不可欠な分野のため、テスト業務の負担が増加していました。

――今回、ヴェスの第三者検証サービスを導入されたPOSシステム開発にはどのような特徴があるのでしょうか。

当社はITソリューションとITアウトソーシングが2つのビジネスの柱ですが、ITソリューションでは以前から流通分野のシステム構築を行っていました。第三者検証サービスを導入したのは、専門店や飲食店向けに特化したPOSレジシステムの開発です。
さまざまなソリューションがパッケージソフトで提供されていますが、専門店や飲食店向けのPOSシステムの場合、オペレーション自体がお客さまのノウハウであったり、その業種業態に最適化されているので、パッケージソフトで対応するのは難しいのが実情です。そのため、お客さまの強みを活かすためのシステム構築が不可欠になります。

画像

――従来のテスト工程でお感じになっていた課題をご説明ください。

当社には、開発部門と検証部門があり、多数の実績を重ねたベテラン技術者が支えています。実績の蓄積は技術力の向上とともに、暗黙知化したり、属人的なノウハウの増加も招きました。これは、検証段階での手戻りを増加させ、開発工数を押し上げることになります。
さらに、ソフトウェア開発企業が自社内だけで検証作業を行うと、どうしても「開発者目線」になりがちです。そのため、第三者検証の必要性を感じていました。

選択のポイント

開発部門への適切なフィードバックが行える検証サービスを探していました。

――ヴェスの第三者検証サービスをお知りになったきっかけをお話ください。

社外の検証サービスの存在は以前から知っていて、複数のサービスについて、担当者から話を聞きました。
第三者検証サービス導入にあたって、当社が重視したのは、単なる検証工程のアウトソーシングではなく、上流工程に対する課題抽出、改善の提案ができる点でした。
これは導入による社内のテストスキルの向上だけでなく、開発工程も品質向上することで、全体のプロセス改善を行うことを狙っていたためです。
展示会で担当者と話したときに、ヴェスは当社の意図するところを最も理解してくれていると感じました。

画像

同社の主力システム、専門店や飲食店向けのPOSシステム

――導入を決断するポイントはどのようなものだったのでしょうか。

最初は、「レディーステスター検証サービス」というオンデマンドの人材サービスを利用しました。その際のテストスキルや担当者とのやりとりから、ヴェスの第三者検証サービスへの期待が確信に変わりました。
ちょうどPOSシステム開発プロジェクトを新しく立ち上げるタイミングでしたので、ヴェスの第三者検証サービスを検証チームとして導入することに決めました。

導入効果

専門家ならではのテスト観点、実施による問題摘出は、
上流における課題と改善の提案にもつながりました。

――第三者検証サービスの効果は、導入後、いつごろから現れましたか。

プロジェクト開始の3ヶ月目くらいから、テストレポートなどが変わり始めたと感じていました。その変化は検証部門だけでなく、開発部門でも気づいたようで、検証部門にテスト内容などについて問い合わせることも増えたようです。
具体的な効果としては、それまでの開発プロジェクトと比較して、バグなどの発生は10分の1程度にまで抑えることができました。
一般的にバクの発生は開発期間の後期に集中しますが、このピークが大幅に低下しました。また、開発初期のバグは微増しましたが、この期間に潜在的なバグを潰すことができるようになり、全体として手戻りを削減できました。

画像

――開発初期での潜在的なバグの発見には、開発部門の意識の変化があったのでしょうか。

第三者検証サービスが潤滑剤的な役割を担ってくれたので、開発部門と検証部門のコミュニケーションがスムーズになりました。暗黙知の部分も設計ドキュメントに反映されるようになり、ノウハウの言語化が大幅に進みました。
検証部門でも、ヴェスの豊富なテストノウハウを活用できるので、常にテストスキルのアップデートを行うことができます。
「顧客が本当に必要だったものとは」という、ソリューション開発における関係者の完成イメージのズレを風刺したブランコのイラストがありますが、第三者検証サービスの導入が社内でのこの「ズレ」の解消に大きく役立っていると実感しています。
品質をいっそう高めるために、テスト工程の強化だけではなく、上流改善を紐付けたかったという当社の目標達成を、自助努力のみで行う場合よりも遥かに早いスピードで実現できました。

――今後もヴェスの第三者検証サービスを利用し続けるご予定でしょうか。

ほかのソリューションと同様にPOSシステムでも、日々変化するお客さまのニーズに迅速に対応していく必要があります。最近はPOSシステムと、ポイントシステムなどのさまざま外部システムを連携したいというニーズが高まっていると感じています。確実な検証作業はますます重要になっていきます。
また、取引先の増加、テストの増大に伴うコストが新たな課題になっていました。これに対して、ヴェスからはニアショア活用の提案がありました。現在、テストの設計は当社内で行い、テストの実行はヴェスの受託サービスで行う検証スキーム構築しています。これにより、当社のエンジニア受け入れを最小限に抑え、ファシリティコストなどの検証コスト抑制を実現できました。
社内のテストスキルが向上したとはいえ、最新のノウハウや多彩な検証の実績は専業のヴェスには敵いません。さまざまな業種業界での経験を元にした豊富な経験とノウハウを持つ多彩なスキル集団の検証の専門家ならではの目線で、今後もサポートをお願いしたいと思っており、ヴェスは当社のパートナーとして大いに期待しています。

株式会社プラネット

http://www.pnet.co.jp/

  • ■住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 4-23-1 松栄ビル
  • ■代表/社長:代表取締役会長 相沢 周作  取締役社長 塩田 晃弘
  • ■設立年:1984年
  • ■事業内容:システムソリューション事業/データセンター事業/ヘルプデスクサービス事業/ITに関する総合コンサルティング事業

1984年の創業以来、流通業界の川上から川下に至る、膨大な単品データの収集とネットワーク連携により、お客様の効率的な事業運営と経営管理を支援するためのITソリューションとトータルサービスを提供してきた。
流通業界に対する経験知と幅広い業務知識を礎に開発した、専門店・飲食業・サービス業向けのPOSを中核とする店舗トータルシステム、商品管理システム・顧客管理システム・EC連携システムは、数多くのお客様にご利用いただいている。

画像
この課題の解決に貢献したサービス

第三者検証サービス