Webサービス開発ベンダーH社 経験が浅いアジャイル開発で、あわや炎上。間違いだらけのドキュメント整備と頻発するデグレード対策にプロが提案した秘策とは?

背景

ユーザのニーズが多様化し、流行のスピードが加速する中、ヒットが持続するWebサービスやアプリケーションを制作することはますます難しくなっています。
変化のスピードと市場、顧客の要求に迅速に対応し、常に二歩、三歩先を見て開発しなければならない過酷な環境下で、アプリケーション開発を持続させるためにベンダーは「アジャイル開発」を積極的に活用しています。

課題・問題

Webサービスの開発に選んだ手法はアジャイル。しかし品質問題が露呈して・・・

画像Webサービスの開発ベンダーH社に、Web上で会員管理をするための新規のシステム開発について問い合わせが入りました。この新しいシステムは全く新しいコンセプトに基づき設計されていたことから、従来のプログラムを手直しするだけでは仕様を満たせないことが判明したため、スクラッチで一から開発することにしました。ところがこの開発は、最初から数々の困難があったのです。

その一つがシステムの品質問題でした。H社開発チームリーダーS氏は当時の様子をこう語ります。
「この規模であれば経験豊富なウォーターフォール型で開発したかったのですが、Webサービス向けのアプリケーションと言うこともあって、頻繁に発生する要件変更に柔軟に対応するため、経験は浅かったのですが思い切ってアジャイル型で開発することにしました」
そのため今回は、システム提案書や要件定義書などの膨大な資料を整えてから取り掛かるのではなく、出来具合を細かくエンドユーザに確認しながら進められれば大きな問題はないだろうと想定していました。

しかし、これらドキュメント類の整備をしなかったことが裏目に出てしまい、テスト観点に漏れが頻発。最終的にはアウトプットの品質がバラバラになり、どのレベルに統一したらよいか皆目検討がつかなくなってしまったのです。

リファクタリングの多発でテストリソースが激増!他の開発にも影響が・・・

さらに問題が露呈します。エンドユーザに進捗を細かく見てもらい、追加/修正を繰り返し行った事によりコードが継ぎ足しになり、かえって複雑化しデグレードが多発してしまったのです。
この事態を打開するため、リファクタリングを頻繁に行いましたが、ここで新たな問題が発生しました。

「多発するデグレード対策のためにリファクタリングの回数を増やしたことで、テストリソースとして確保していたスタッフではまかないきれず、他スタッフまで投入しなければならないことになり、さらに、このことが他のシステム開発に飛び火して、何をどうしたらよいのか何から手をつけてよいのか判断がつかず、全くのお手上げ状態になってしまいました」(S氏)

課題・問題のポイント

  • ドキュメント類がないことでテスト観点漏れが頻発して、品質がバラバラ

  • コードの継ぎ足しを繰り返したことで複雑化し、デグレードが多発

  • デグレード対策のためにリファクタリングを増やしたところ、リソース不足が発生

12