ソフトウェア開発メーカーF社 スマホ向け「アプリ検証」のリソース不足が深刻化。リソース・コスト問題を解消しつつ、アプリの品質向上を実現させた新しい選択肢とは?

背景

矢継ぎ早に開発/アップデートが繰り返されるスマートフォンアプリ。多くの開発業者は競合に遅れをとらないようハイペースのリリースを続けるが、開発プロジェクトには多額のコストがかかるため、「iPhone」や「Android」、「Windows8」等、多様なプラットフォームごとにアプリを開発するのは、特に小規模事業者にとっては大きな負担である。開発期間の無理な短縮によって、十分なテスト工程を確保できない弊害も生まれている。

課題・問題

複数のOS/機種ごとのアプリ検証に膨大な工数が・・・リソースはいよいよ限界に

画像各種ソフトウェア開発を手掛けるF社は、スマートフォン向けアプリの開発によって、ここ数年業績を伸ばしてきました。しかし競争の激化と、それにともなう開発期間の短縮化により、アプリの検証においていくつかの課題に直面していました。

課題の一つは、慢性的なリソース不足でした。同社開発部マネージャーN氏はこう語ります。
「アプリの開発は、「iPhone」や「Android」などのOSごと、またバージョンや機種など、いくつものプラットフォームに対応する必要があります。そのため検証には膨大な工数を要し、当社のような小規模ソフトハウスにとっては、リソース不足が深刻な問題となっています。開発に必要な時間を確保するためにテストを怠ったことが原因で、頻繁なアップデートが必要となり、余計にコストがかかったケースもあります」

また、実機検証用の端末をすべて揃えるためのコスト/工数も悩みの種となっていました。
「数百種類にもおよぶ各種端末を常に取り揃えておくためには、とんでもない費用と手間がかかります。しかも次々に新機種が発売されるため、検証コストを肥大化させる原因となっていました」(N氏)

上層部より「品質向上」の指示。しかしリソースもコストも限界の状態・・・

加えて、F社内ではかねてより、“機能面”のテストしか行っていない点も問題視していました。
「十分なテスト工数と期間を確保できないために“ユーザの使い勝手”を意識した検証が疎かになっており、後からクライアントに使いにくさを指摘されるケースも多々ありました」(N氏)

こうした状況を憂慮したF社上層部は、ユーザ離れや不具合対応によるコスト増加を防ぐために、アプリ検証の強化による品質向上が必要と判断しました。しかし、通達を受けたN氏は頭を抱えてしまいます。
「自社のリソースはもう限界で、かといってテスターを雇用するのもコスト的に難しい現状でした。このような状況下で、どうやって満足いくレベルのテストを実現させるのか・・・途方に暮れるしかありませんでした」(N氏)

課題・問題のポイント

  • 各種OSや機種ごとに必要なアプリ検証のリソース不足が深刻化

  • 検証用の端末をすべて取り揃えるための工数/コストが大きな負担に

  • 機能面のテストのみしか実施しておらず、ユーザの使い勝手を意識できていない

12